Hatena::Groupceptclub-edit

カードゲームの側面

トップ ユーザー登録 ログイン ヘルプ

カードゲームの側面

カルドセプトの基本その3。

前回のクリーチャーと領地の攻防に引き続き、クリーチャー以外のカードを紹介します。

アイテムカード

スペルカード

  • スペルカードは自分の手番が回ってくるたび、1枚使用できる
  • 自分を有利にしたり相手を妨害したり、様々なカードがある
  • 以下、スペルカードの例
    • クリーチャーにダメージを与える
    • クリーチャーの能力が上昇する
    • ダイスの出目を操作し、対戦相手の領地を回避できる
    • 魔力 (現金) が得られる
    • 領地の色を別の色に変更する

ブックの構築

  • 各プレイヤーは自分が集めたカードの中から使いたいカードを選ぶ
  • 選ばれた 50枚のカードの束をブックと呼ぶ
  • プレイヤーごとにブックを持ち寄り、自分のブックを使って対戦する
  • ブックによって作戦の幅が大きく変わる
  • 特徴的なカードを組み合わせて、特殊な戦法などが実現できたりする
  • 新しいカードを手に入れるたび、作戦の幅がどんどん広がる
  • カードの組み合わせは膨大な数になり、ほぼ無限大とも言える
  • 特定の組み合わせが最強ということは無く、どんなブックにも弱点がある
  • ブックを研究するのもカルドセプトの楽しみのひとつである

次ページ → 基本のまとめと簡易用語集